※基本的に、本ブログ『テレ娘。』のメモ書きになります。
※断りなくツイッターの発言をお借りする場合があります。不都合がありましたらコメント欄にてお知らせください。



菅谷梨沙子 『赤い日記帳』

 

不思議にぞわっとさせられて驚く。

 

声に芯の強さを持っている彼女なので とてもパンチが利くはずなのだけれど

独特のゆらぎによる不安定さが加わることで

感情がこもった節の部分がR&B調に変化する不思議な歌い方。

これをAメロの早い段階からびしびし決めて来るので

のっけからとても印象的となる。

 

安心して聴いていられるのではなく、

むしろ不安定さがはかなげな訴えをぶつけてくる。

だから、放っておけずにはいられない。

また、曲やテンポにアレンジの一切無い中、

持ち前の「味」だけで仕上げてしまう。

その個性たるや驚き。

 

YouTubeにupされた動画のコメント欄に

「一回梨沙子の聴いちゃうと他の人の赤い日記帳聴けなくなる」

とある。

そりゃそうだと思う。

他と比べた「上手さ」ではなく、他に替えられない「表現力」が際立っているから。

 

それは、つまり魅了されたということ。

  

 

赤い日記帳 - Single, 菅谷梨沙子(Berryz工房)

赤い日記帳 - 赤い日記帳 - Single

 
広告を非表示にする