※基本的に、本ブログ『テレ娘。』のメモ書きになります。
※断りなくツイッターの発言をお借りする場合があります。不都合がありましたらコメント欄にてお知らせください。



ダンゴムシ:モーニング娘。道重さゆみが学会発表へ アイドル兼任の生物学者 2013年05月04日

昔、いつもおじゃましてたテキストサイトでやられていたネタです。ひっそりとサイトを閉鎖されたけれど、お元気なのでしょうか……。

 

 


 

ダンゴムシ:モーニング娘。道重さゆみが学会発表へ アイドル兼任の生物学者

2013年05月04日

 

 

 セーラー服の生物学者??。福岡県小竹町立小竹中3年の道重(みちしげ)さゆみさん(14)、田中れいなさん(14)が校庭にもたくさんいるダンゴムシに興味を持ち、行動をじっくり観察。前に進む際、障害物に出くわすたび、体の方向を左右に切り替える習性、交替性転向反応を実証し、今月26日に宗像市の福岡教育大である日本土壌生物学会で発表することになった。 

 

f:id:mochamacha:20130505063715j:plain

ダンゴムシの坂登り実験に夢中になる道重さん(写真)、田中さん(右)と指導する嶺脇教諭(左)=東京都渋谷区

 

 昨年9月、提携する福教大へ当時の2年生が行き、菅井秀憲准教授の生物の授業でダンゴムシの生態を教わったことがきっかけ。2人は3月のイベント「Forest For Rest SATOYAMAへ行こう」で調べたことを報告し、その後も研究を続けた。

 

 ダンゴムシの交替性転向反応は学会では知られているが、しっかりした実証はされてこなかったという。2人は、体の向きを切り替え続ければ脱出できる迷路、できない迷路を発泡スチロールで複数製作。その結果、ダンゴムシは前者ではほぼ100%、最短距離で抜け出し、後者では途方に暮れて動きを止めることを確認した。右に曲がる時は左脚、左に曲がる時右脚を使っていることも分かった。2人は「体に疲労をためないように脚を使い分けているのでは」と推測している。

 

 迷路に角度をつけ、上り坂や下り坂でも脱出に影響がないか調査中で、発表に盛り込む。

 

 普段はモーニング娘。のリーダー、センターとしてそれぞれコンサート活動をする道重さんと田中さんだが、今は芸能同様、虫に夢中。道重さんは「見かけると丸めたくなるだけだったダンゴムシが規則的に動くことに感動した」。将来はバンドでの飛躍を目指す田中さんは「LoVendoЯのメンバーの生態も楽しい。おかまりやまりんも特徴的な動きをしないか調べたい」と目を輝かせる。

 

 2人を指導する理科の嶺脇育夫主幹教諭は「2人が興味を広げ、新たな発見ができるよう探求を支えたい」と話している。【了】

 

 


 

元ネタ: ダンゴムシ:謎の習性を女子中学生が学会発表へ セーラー服の生物学者- 毎日jp(毎日新聞)

 

 

広告を非表示にする