※基本的に、本ブログ『テレ娘。』のメモ書きになります。
※断りなくツイッターの発言をお借りする場合があります。不都合がありましたらコメント欄にてお知らせください。



ドジっ子りほりほがまたコケたらしい

 

 

「あほなっち」や「カミカミ愛ちゃん」と同様、歌い踊る姿はカッコイイのにうっかり者というエースの特徴にぴたりとハマっている鞘師ですが、今日の夜公演のソロコーナーでも派手に転んでしまったようで。

 

ご本人もブログで報告。

1回で終わりだと思っていたソロ曲が
2回ある人がいるということで、
私は今日、歌わせていただきました!!
 
が、今日はイントロの登場で
豪快に階段から転けるという
非常にカッコ悪い登場の仕方になってしまいました。。
 
怪我はしていないです。。
ご心配おかけしてすいません。
 
客席の皆さんが
暖かく見守ってくださっていて
本当に助かりました!!

 盛りだくさんブログ〜鞘師里保|モーニング娘。‘14 Q期オフィシャルブログ Powered by Ameba

 

 

面白かったのが、この時に歌っていた曲が『自信持って 夢を持って 飛び立つから』だったということ。イントロで転んで無事に持ち直して歌っていると、

「転んだって 立ち上がって 次のステージ」

という歌詞が出てきて観に行った人の間で笑い話になってらしいんですよね。

 

 

こういう緊張と緩和のドラマって印象に残るのでフィクションにもよく取り入れられます。

 

 

例えば、もしモーニング娘。の活動を映画化するとしたら、鞘師のコケるキャラが定着していることを振りに置いて、快進撃を続けている中での勝負どころの大きな歌番組の場面がやってきて、そこでShall we dance?書道ガールズみたいにクライマックスで鞘師がコケておじゃんになるシーンが採用されたら人間味あふれる作品になりそうです。

 

日常にもよくあることで、甲子園でさよならエラーした人なんて、きっと同窓会の度に話題になるわけで、それが耐えられずトラウマ化してしまうのか、自分のキャラのひとつと受け止めて懐かしいエピソードに昇華させるのかは自分次第ですよね。

その点、盟友の香音ちゃんや『RIHO-DELI』のデリ君や握手会やブログで出会う多くのファンに触れて、鞘師自身が「ドジっ子」を受け入れていく様子も、モーニング娘。の物語のスピンオフ的なこれからの楽しみのひとつだなあと思います。

ちなみに、今の鞘師はこんなことを考えているご様子。

でも、まだ昨日の
登場の時の階段じゃなくて良かったです。
 
私を知らない人も
たくさん見てるでしょうから。。

 同上

 

ファンに見守られている場だったからへっちゃらだったみたい。

 

だから、映画のエンディングは、転んで歌披露が中断して暗転した次のシーンで翌年のうららかな春の日の病院でギプスの足を釣ってベッドで寝ている鞘師のもとに、ファンの寄せ書きを持ったメンバーがお見舞いにやってきて、みんなで笑ってるシーンで『Happy大作戦』が流れてエンディング、、みたいな感じですかね。

 

それはちょっとベタ過ぎる。笑

 

 

 

広告を非表示にする