※基本的に、本ブログ『テレ娘。』のメモ書きになります。
※断りなくツイッターの発言をお借りする場合があります。不都合がありましたらコメント欄にてお知らせください。



6月4日リリース Berryz工房『愛はいつも君の中に/普通、アイドル10年やってらんないでしょ!?』同週発売シングル

 

いよいよ明日6月4日、Berryz工房10周年記念のシングル 『愛はいつも君の中に/普通、アイドル10年やってらんないでしょ!?』 がリリースされます。

 

リリース前のいつもの調査結果ツイート。 

#もちろん、「KUT-TUN」じゃなくて「KAT-TUN」です。本当にごめんなさい。m(_ _)m

 

見づらいので大きいのを貼ります。 

f:id:mochamacha:20140602023521p:plain

(参考: CDリリースカレンダー|本・コミックからDVD・CD・ゲームまで通販なら【TSUTAYA オンラインショッピング】(ジャンルすべて/シングル/6月/第2週) ) 

 

ツイートにも書いた通り、おそらくKAT-TUNさんの一人勝ちになると思うのだけど、2位は、団子状態になるのかなあと。

まず、注目はEXILE勢から3人目のソロデビューを果たす EXILE SHOKICHI の『BACK TO THE FUTURE』。すでにデビューしている EXILE ATSUSHI と EXILE TAKAHIRO の過去の売上枚数(というか直近が一番の参考値?)を見ると、3~6万枚程度と思われます。

f:id:mochamacha:20140603023544p:plain

続いて、私立恵比寿中学(これは後述します)。

それから、常連としてはコブクロなんですが、前作のソチ五輪NHKのテーマ曲となった『今、咲き誇る花たちよ』が売れていないのは何か理由があるのかわからないのですが、結果として初動2万枚を割っている状況であるようです。

f:id:mochamacha:20140603031221p:plain

その他、3枚以上リリースする楽曲がいくつかあるのですが、おそらく過去作を見ると飛び抜けたものは無いようです。中島美嘉×加藤ミリヤを聴きたいと思う人はおそらくCDではなく配信で購入するだろうし。

 

そんな中でBerryz工房なのですが、ちょっと2位には手は届かないのですが、ジャンルが一緒である私立恵比寿中学と比較するとどうなるか、直近のリリース(エビ中はメジャー曲全部)を時系列で並べてみました。

薄い紫がエビ中で濃い紫がベリ。

f:id:mochamacha:20140603023314p:plain

両者ともこの2年でベースは上がっているのですが、特にエビ中はデビューした2012年の2作に比べて翌年の3作が倍くらいになっているのですよね。結果、ちょっとBerryz工房は離されている印象を受けます。ここにどれくらい食らいつけるか、、逆に争いがハイレベルであれば、ここでの勝者がそのまま2位を獲得するようにも思います。

 

未だにオリコン週間1位を経験したことのないBerryz工房ではありますが、冒頭で述べた通り10周年記念であり、かつ35枚目という節目でもあります。奇抜な楽曲とはいえ、そこに込められたメッセージは真剣そのもの。

ぜひ良い結果になることを期待したいものです。

 

 

 

広告を非表示にする