※基本的に、本ブログ『テレ娘。』のメモ書きになります。
※断りなくツイッターの発言をお借りする場合があります。不都合がありましたらコメント欄にてお知らせください。



「寺田なしでは生きていけない」わけではない

 

 

713 : 名無し募集中。。。 2013/06/30(日) 00:55:39.12 0

 曲がつまらなかったらどんなに歌唱力が生きてもつまらないだけだがな

 

732 : 名無し募集中。。。 2013/06/30(日) 00:59:44.39 0

 >>713 

 それずっと言ってるんだけどな 

 ヲタはもう寺田なしでは生きていけない体になってるからそれがわからない

 

741 : 名無し募集中。。。 2013/06/30(日) 01:00:58.26 0

 >>732 

 寺田なしでは生きていけない体ならハロプロ楽曲大賞Buono!の曲が1位にならんよw

 

 

 音楽の日反省会
 http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1372490271

 

 

これ、半分あってて半分まちがってる議論に見えました。

「寺田なしでは生きていけない」ヲタの体質が変わったということは無いと思いますが、「寺田なしでは生きていけない」ことはない人たちが新たに参入したのが今のハローファンの総体なんだと思います。

 

昨年末の楽曲大賞はトータル票数が900→1800と倍増したのが一番の特徴で、Buono!が伸びたのは新参の900票が大きいと思うんですよね。

なので、数年ぶりに「寺田なしには生きていけない」人だけじゃない集まりになったという点で、近年稀に見る盛り上がりが生まれたんだなあと、結果発表が終わった明け方に感じたものでした。

 

ももちのバラエティ効果だったり、「指まつり」で注目を浴びたり、パリ公演もアイドルファンの注目は大きかったし、新しい人の目を惹きつけるきっかけが重なった年でした。

そういった「一般に対してキャッチーかどうか」という点で、狼の人たちは感覚が麻痺してるような気がします。

その麻痺はプロデュース側にも少なからずある部分だと思うので、その客観的に見た時にキャッチーであることを見る「センスの調達」が、今年バリバリ進めてる拡大路線に添える、曲作りに必要な要素だと思います。

 

 

 

 

広告を非表示にする